読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬ気でアプリを作る in 2017

日本よ、これが素人個人開発者の成れの果てだ。

【Unity】Github で共有する

恥ずかしながら、人と共有することがなかったために最近勉強し始めました。

 

役に立ったサイトを残しておきます。

qiita.com

 

gitignoreメモ帳で編集しちゃったけど大丈夫だろうか

 

winですが上記リンク様通りやったら一応出来ました!

なんだこれ便利ー!

今まで全ファイル送ってたのがばかみたいねー!!

【雑記】メンバーが増えました.

今まで一人でやってきましたが,先日増えることとなりました.

 

3月だからみんな春休みか〜,暇だろうな

せや!ゲーム作りに参加してもらおう,と中学の友達に声をかけてみたところ

2人ほど興味を示してくれました.

 

一人は昔からずっと絵とかアニメーション描いててる友達,

もう一人は昔からずっとパソコンいじってる友達

です.

 

で,一回集まってみました

(絵を描いている方は 自分とお互い実家じゃないのに隣の駅に住んでいました! なんという奇跡!)

 

さらに,すごいアイデアマンがいるぞ,ということで絵を描いてる友達の友達も誘いました.

ことが大きくなってきた...

 

 

集まってみたはいいものの,自分がこれ作りたい!とか全く用意していなかったので,

何作るかをひたすら言い合うだけの会になりました

 

ゲームってアイデアから作るのって大変なんですね

4人も集まりましたが,一番いいアイデア

 

「全裸の中年男性が いちもつを画面にうつさないように,街を全力疾走する」

というものでした(略して全中).ひどい

 

 

それはさておき,自分的に非常に助かるのが絵です.

 

 

結局アプリは見た目勝負だと思うのですが,

デザインなどを勉強していない身としてはやはり限界点というか

どうしても周りのプロと比べ見劣りするのが現状です.

(個人製作感をあえてうまく使えればまた良いのですが)

 

そこで,ビジュアルをまともにしてくれる人がいれば,

こちらはコーディングに集中できるので最高です.

 

クロッシーロードみたいに3人で分担して開発するような形式にすごい憧れるんですよね.

 

【Unity】 2Dのオブジェクトをマウスから指定する

3Dでの指定は割と情報がありましたが、2Dがなかったので備忘録として。

gistb0d231b32e24aa2268a5cdfecc361712

 

これでhit.transform.gameObjectを出せば、指定できます。

【Unity】2Dの重力表現にハマった話

AndroidiOSにビルドした際、

画面のサイズによってUGUIのCanvas内の物理演算がおかしくなることがあります。

(ひょっとしてUGUIで物理演算はしない?)

 

例えば、パソコン側で縦500px、Androidで縦1000pxだと落下する距離が二倍になってしまいます。

 

ちなみにアスペクト比の固定なら以下のような手段があるようです。

Unity そのアスペクト比を固定するぞ・・・っ!: Karasuのアプリ奮闘記

なので、UGUIを使わなければ、アスペクト比を固定するだけでできてしまう問題なのですが、、、

 

いや、もうUGUIでやるの諦めます。

 

 

すみません、クソ記事でした~

 

そろそろ休学から1ヶ月

めちゃくちゃ時間が経つのが早かったです

これがあと11回続くだけで終わるんですか...

 

 

やったことを振り返ってみる

 

膳のゲームをリリース

 

これは、

・ボクセルの練習

・アプリのリリースまでの勉強

・Admobの練習

になりました。

 

そして、案の定全くダウンロードされず。

 

 アプリ第二弾 (間に1ヶ月のブランク...)

 

以下の点が勉強になりました。

 

ツイッターの広告の練習

1000円のみ使って見ましたが、ほとんど効果はなく。コンテンツ力の無さを感じました。

 

・つまらないモノはバレる

いくら いらすとや さんの人気にあやかっても、つまらなそうなモノは売れないことがハッキリ分かりました。アプリ黎明期と違い、お客さんの目は肥えているのでしょう。

 

既に流行ったものの二番煎じは受けない

しみじみ感じました。

流行っているモノならともかく、流行っ「た」

モノは大体内容が想像でき、ウケないみたいです。

 

 とは言っても、ストーリーを加えれば多少効果があると思っていたので、膝をおとしました

 

Developerの闇

最近はどんなのが流行っているのかとapp storeを徘徊していると

こんなアプリに遭遇しました。

f:id:naspapa:20170310160412p:plain

激ムズ!線を引いてぶつからないでね!

 

 

 

プレイしてみると、あの「Q」と似た操作で球をずっと運ぶという代物でした。

このカジュアルさは、あの大御所ketchappに通ずるところがあるな、という感じで

とても取っつきやすい類のものです。

 

気になったのでこの人の他のアプリを見てみました。

 

ドアを開けたら閉めなさい!

f:id:naspapa:20170310161122p:plain

f:id:naspapa:20170310161141p:plain

 

セッケン

f:id:naspapa:20170310161030p:plain

 

などなど、見た感じわからないと思いますがカジュアルゲームとしてのクオリティは割と高い気がします。

(にしてもタイトルで物凄く損してる気がするのは私だけ?

 

一体DL数はどんなもんだろうと、我々はGoogle Playの奥地へと向かった...

 

 

なんとおそろしいことに、そのほとんどは10DLにも届いていなかったのです!

 

こんなことあってはならない!!

現実は非情です。

 

ketchappっぽいものを作ってもここまで伸びないのかよ!と吃驚してしまいました。

たまたま見つけられたのがこのdevelopperというだけで、これは氷山の一角なのでしょうか?

 

様々な思いが頭をよぎりました。

この人はどんな気持ちでリリースを続けているのか、

もはや中身だけでは生きていけないか、

ブーストは必須なのか、

第二のketchappを目指すことは叶わないのか

 

一体何を目指していけばよいのか、目指すのではなく、

そもそも自分で活路を開くしかないのか

 

なんだか、しんみりとした気分になりました。

 

 

 

 

【Unity】 iOS, GameCenter 備忘録

Leader BoardとAchievementの作成 - iOS Docs

まず上記リンクのように itunes connect.でleader boardを作成

 

qiita.com

上記サイト同様にコードを実装

プラグインとかいらないんですね、便利!

 

注意事項

  • XcodeでGameCenterを有効化にしておく
  • iTunesのテストユーザーを使う
    • サンドボックスなら自動的に現在のユーザーはログオフされる
    • テストユーザーをiTunes Connectから作成しておくこと

 

 以上、備忘録でした。