読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬ気でアプリを作る in 2017

日本よ、これが素人個人開発者の成れの果てだ。

【Unity】Admob iOS 実装 備忘録

Unity

なんっっっっっっかいやっても忘れちゃうので,手順のメモを残しておきます.

 

基本的にこちらのサイトの手順を踏めば行けマス

[iOS/Android]Unityでadmobを実装する方法(iOS版SDK7.0.0対応) | じーにあす

 

Unity側でframe workも処理しちゃえば手取りばやいね〜

 

今回,見たこともないエラーが起きた

apple llvm 8.0 error unity

 

なんすかこれ?

qiita.com

こちらの対処法をしましたが,効果ナシ,,,

なんで毎回エラー吐くんだXcodeさん,,,

 

別のサイトにて,

chalife.tokyo

 

プロジェクトファイルを選択してBuild Settingsを開く。

Apple LLVM 6.1 -Language -Modules
Allow Non-modular Includes in Framework Modules -> Yesに変更
Enable Modules(C and Objective-C) -> Yesに変更

Apple LLVM 6.1 -Language -Objective C
Enable Objective-C Exceptions => Yesに変更

あ〜なんか前やった気がするなあと

変更.が,効果ナシ

 

versionは違いますが,こちらも参考に,

stackoverflow.com

I was able to resolve this error by changing the 'Build Settings -> iOS Deployment Target' value to a more recent iOS version. 

ぬ!?

あわてて,targetを見ると7.0になっている,,,

設定できる範囲は8.0~10.2なのに!

ここか,と思い10.2にして実行!!

 

効果ナシ,,,,,,

f:id:naspapa:20170305151625p:plain

 

死にそう.

 

正気に戻ろう.

まずは,ゆっくりエラーを読むんだ,googleに頼らずに頑張って見よう.

 

なになに 指定した場所にpluginがない?

だったらLibrariesに直接ぶち込んでやるよ!!!

 

あれ?エラー一個消えたwwww

なんだよ,英語読めば簡単な話だったのか,

ってか勝手にそういうのは自動で入っているだろうという先入観が仇となってしまった.

 

最後のエラーは

module googlemobileads not found

 

あ,これはネットに解決策いっぱいあるやつや

 

blog.naichilab.com

 

これで終わりか, 長かった,,,,(twitterを開く)

 

 

Build Failed

f:id:naspapa:20170305161126p:plain

.,,,,

 

,,,,,,

 

嘘だろ,,,,,どんだけ粘るんだコイツ,,,,,,

 

 

どうやらこういうことだったらしい.

chalife.tokyo

要するに,自分はwindowsでゲーム作成⇨macxcodeとやっていたために

こんなことになったそうな,,,,

 

ふっっざけんな!時間返せー!

macとwinなんてどっちかに飲み込まれてしまえーーーーーー!

 

【Unity】Admobを入れてみる

Unity

※Unity用のプラグインを入れて、admobの諸設定を済ました後の話です。
プラグインはこちら↓
https://developers.google.com/mobile-ads-sdk/docs/games

もろもろはこちらのサイトから!
[iOS/Android]Unityでadmobを実装する方法(iOS版SDK7.0.0対応) | じーにあす


画面下にバナーを配置するときはこれで良いらしい

    private void RequestBanner()
    {
        // 広告ユニット ID を記述します
        string adUnitId = "ca-app-pub-xxxxxx/xxxxxxx";
        // Create a 320x50 banner at the top of the screen.
        BannerView bannerView = new BannerView(adUnitId, AdSize.Banner, AdPosition.Bottom);
        // Create an empty ad request.
        AdRequest request = new AdRequest.Builder().Build();
        // Load the banner with the request.
        bannerView.LoadAd(request);

    }

【PlayCanvas】VR時のカメラ位置

PlayCanvas 雑記

Web上で行うゲーム制作に特化したPlayCanvasというプラットフォームがあります。

めちゃくちゃいいですよこれ!

・基本操作はUnityとそっくり。使いやすい

・Unity webGLとはくらべものにならないほど高速で走る

(以下のサイトより。

support.playcanvas.jp

・VRも簡単に実装できる

 

などなど、まだまだtipsなどは多くありませんが今後楽しみですね。

 

アプリの次はまたウェブの時代が来るのでしょうかね!?

 

さて今回は、VRを実装しようとして躓いたことを。

 

ゲームを作っていて、途中からVRモードにしようとしたところ、

カメラがあらぬところに!!

 

原因を探った結果、以下のサイトに助けられました。

http://developer.playcanvas.com/ja/user-manual/vr/using-webvr/

 

つまり、VRモードになると、位置や向きが変わるため、

カメラの位置は最初(0,0,0)に行っちゃうみたいですな。

 

なので、カメラの初期位置を変えたいときは、カメラに親オブジェクトを作ってあげて(上のリンクでいうCamera Offset)そいつを動かせば良いみたいです。

 

解決~

【Unity】Android,iOSでホームへの移動を感知

Unity

下の画面のような、タイルをタップする速さを競うゲームにおいて、

一つやっておかねばならないことがあります。

f:id:naspapa:20170303120729p:plain

iOSを例に挙げると、ホームボタンをダブルクリックした際に以下のように!

f:id:naspapa:20170303121158p:plain

つまり

時間が止まったまま、いくらでもタイルを見ることができてしまう

のです。

miya033.hatenablog.com


こちらのサイトにて詳細が書かれていました。

参考にして、以下のようなコードを書きました。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.SceneManagement;

public class HomeButton : MonoBehaviour {
    
    void OnApplicationPause(bool stop)
    {
        //ホームボタンや別タブを開いたとき呼ばれる
        if (stop)
        {
            SceneManager.LoadScene("Title");
        }
        //再開時に呼ばれる
        else
        {
        }
    }
} 


つまりホームボタンを押した瞬間にタイトル画面に遷移させているわけですな~

以上です

【Unity】 文字ぼやけ・ストアのリンク・uGUIのボタン 備忘録

Unity

Unityでフォントをスケールの方で拡大しようとしたら、文字がぼやける問題に直面しましたが、椿さんのおかげで解決しました。

結局、拡大で画素あげようとすると重くなっちゃうので使う文字だけ画像にする対策をとりましたが笑

tsubakit1.hateblo.jp

また、ストアのリンクはこちらで解決!

www.sglabs.jp

ほかにもメモリを一切考えていなかったため、非常に参考になりました!

 

最後に、タイルをいかに早く押せるかを競うゲームを作る際に大変参考になったtips↓

uGUIのボタンが押した瞬間に反応する様にしたい – melonhouse

 普通のボタンでは押して、離した瞬間に反応するのですが、

押した瞬間に反応させるときは、

ボタンを選択して、Unityメニュー、Component / Event / Event Trigger を選択することでEventの発生条件が選べるようになります!

 

いやあ、Unityはホントいろんな人が自分と同じ問題をとっくに解決しているから便利ですなあ!

 

アプリを作る流れ

雑記

アプリを作る簡単な流れが出来てきたので、少し紹介したいと思います!

 まだ未完成ですが、こんな感じのUIが出来てきています。

f:id:naspapa:20170224061028p:image

若い順にタップしていって、そのスピードを競うゲームです。

 

作り方はめちゃくちゃ簡単で

  1. Adobe XDでボタンや枠などをつくる
  2. https://coolors.co を参考に良さげなカラーリングをする
  3. Unityでボタンをインタラクティブにする

 

これだけ!

うはー!センスなくてもそれっぽいのが作れるなんて素敵やん!

昔から色のセンスが絶望的でゲームなんて作れないと思っていたけど、いい時代ですな〜

 

プロには遥か及びませんが、XDを使えば無難な配置が出来るので重宝します。

今まで全てをunity内で行なっていましたが、勿体無かった!

 

以上!

 

 

個人開発者インタビュー

雑記

あのTime Lockerを作ったotsukaさんの記事

https://www.google.co.jp/amp/s/gamedeets.com/archives/192842?amp=1?client=safari

を読んで、なかなか衝撃的だったので書留しておきます。

 

1つ目

6:30に起きて、ずっと仕事して23:00に寝ます

 

え!?なんだってー!?

熱意がハンパない!何も縛られていないのに何故そこまでストイックなんだ!!

 

食事とか諸々抜いても15時間くらい開発してるよね??

 

果たして自分は個人開発を舐めていたのか、はたまたこれが普通だというのか、、、

 

自分のライフサイクルを見直したくなりました... ありがとうotsukaさん

 

 

2つ目

100万ダウンロードは厳しい

 

え?!なんだってー!?

あんなクオリティを出せる男が100万を厳しいと言っている!?(最近200万くらいは行ったらしいけど)

しかも100万ダウンロードでも収入は700万くらいとかいうじゃないか、、、

 

地球人、感性死んでるのか

 

おかしいでしょ、Steppy Pantsとは比べものにならない面白さだというのに、、、

 

収入と面白さは比例しないのか、、

 

いや、、比例はするのだが、もっと別の収入を導く方程式があると思う

 

収入=広告×面白さ×デザイン×取っ付きやすさ.....

 

みたいな。

収入のみを考えてアプリを作ろうと考えている自分にとっては、この式の大体の感じを把握しておきたい。

 

さておき、

 

 

以上です。